らむねぇ★気まぐれStyle

きままに〜take it easy〜♪

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
2007F1開幕戦★オーストラリアGP♪
2007年F1開幕戦★オーストラリアGP決勝

昨年ミハエルが引退して
今季はどうしようかと思ってたけど
気が付いたら予選から赤い車を目で追ってた

ずっと長い間・・・
ミハエルと共にフェラーリを応援してきたから
やっぱりそれを変える事はできなくて
2006 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版

結果はライコネンがポール・トゥ・ウィン
開幕戦でフェラーリ移籍後初勝利☆彡


通算10勝目、本当におめでとうキミ!!

いまさらながら・・・
フェラーリに来たのがキミで良かったと、心からそう思う
もともと好きなドライバーだったから

これがアロンソやモントーヤだったら
素直に応援できてたかどうか(もうモントーヤはいないけど)
いや、たぶん無理だろうなぁ・・・・(; ̄ー ̄A

キミは2005年日本GP、鈴鹿以来の勝利〜
本来ならアロンソなんかより前にチャンピオンになってても
全然おかしくなかったのに

ずっと悲劇というか不運続きで、本当ツイてなかったけど
初戦優勝&ファステストラップも記録したし
(とかいいつつ・・・ラストの周回でリタイヤなんて事もあったから
チェッカーフラッグ受けるまで内心ヒヤヒヤしてた私)

心機一転フェラーリに移って、開幕戦いいスタート切れたし
今季こそ悲願のチャンピオンを目指して頑張って♪

マッサもエンジン交換で
最後尾22番手グリッドスタートだったのに
6位フィニッシュはよくあげてきたよ

あともう少し周回があれば〜とか思いつつ見てたけど
最後フィジコとのバトルは惜しかったね。

でもキミと2人でトップドライバーの座を争ってくれれば
コンストラクターズの意味でもフェラーリにとってはいいかも

スーパーアグリも結局、琢磨12位デビッドソン16位
特に琢磨は途中ポイント圏内に、手が届く所まで行ってたから
ピットストップやなんやかんや残念だったけど
とりあえず初戦2台完走おめでとう!

これで新レギュレーションでの初戦も無事に終了
毎年レギュレーションがコロコロ変わるから、なんかややこしいよ
ソフトとハード2種類のタイヤ強制使用の意味もいまいち判んない

それにしてもルイス・ハミルトン
デビュー戦で3位表彰台は驚きました(;゜゜)

ルーキードライバーとしては1996年のジャック・ビルヌーブ以来だとか
また凄いドライバーが現れたなぁ〜
最後フィニッシュした時に、めちゃくちゃ喜んでた姿が
すごく初々しくてなんか微笑ましかった

ミハエルやジャックが去って
若いドライバーが増えて、今回の表彰台を見ても
つくづく新しい時代になったんだなって感じた

そういう意味ではフィジコやルビーニョ、クルサードには
まだまだ頑張ってもらいたいなぁ

★オーストラリアGP決勝結果★
1位 キミ・ライコネン(フェラーリ)
2位 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
3位 ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
4位 ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
5位 ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)
6位 フェリペ・マッサ(フェラーリ)
7位 ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)
8位 ラルフ・シューマッハ(トヨタ)

* 23:59 * comments(0) * trackbacks(3) *
F1日本グランプリ★あぁミハエル・・・・

今日は
ミハエル・シューマッハの鈴鹿ラストラン♪

フェラーリのフロントロー独占で始まった
ーー日本グランプリ決勝ーー

フェラーリ2台とも順調なスタート☆彡
そして早くも、3周目でマッサを抜いて

トップに立ったミハエル♪


このままトップ快走で一気にフィニッシュ!!って願ってたのに
まさか・・・まさかの悪夢が・・・
F1日本グランプリ1987-2005~思い出は鈴鹿とともに
36周目で2回目のピットストップを終えた後
突然のエンジンブローで無念のリタイヤ!!

うわぁぁーん!!ミハエルー!!!
考えられる中でも、1番最悪のシナリオだよ(;>_<;)

2001年アメリカGP以来のエンジントラブルらしいけど
よりにもよって何故こんな日に・・・

ミハエルの赤いマシンからあがる白煙を見ながら
「嘘だよね・・・なんで・・・なんで・・・」って呆然状態の私。

でもマシンから降りてすぐに
=笑顔で鈴鹿のファンに手を振るミハエル=

ピットに戻っても、泣きそうになってるクルーに
まるで「責任を感じることはないんだよ」って感じで
1人1人笑顔で握手してたのを見て、涙がでました。

「僕たちは素晴らしいチームだ。
スタッフは最高だし、僕はフェラーリの皆を愛している
それからいつも皆の仕事ぶりに、この上なく満足しているんだ!
今日のようなアクシデントは起きるもので
それもレースの一部だと思うよ!!
勝利を分かち合う一方で、敗戦も分かち合う。
僕たちはレースでベストを尽くしたんだ」


いかにもミハエルらしいコメントだね
勝っても負けてもレース後のコメントで
いつも必ずスタッフ達を労うミハエルが好きだった。

でもまさかのノーポイントで、タイトル争いはもう絶望的!
アロンソに10ポイント差も付けられちゃったもん・・・

ミハエルの大好きな鈴鹿
相性の良かった鈴鹿でのラストランは、予期せぬ結末で
8度目のチャンピオンシップ制覇の夢は、風前の灯だけど

まだコンストラクターズの方も残ってるし
とにかく最後のブラジルGP、素晴らしいラストラン期待してます♪

それにしてもラルフとトゥルーリは
ポジション落としてからも
ずーっと2人は一緒よ!離れないでっ♪
てな具合で最後までなんか仲良く走ってたね〜!

2人仲良くトヨタの母国、日本GPでのダブル入賞おめでとう
まぁ本当は表彰台狙えるハズだったんだけど・・・

スーパーアグリも、初めての日本凱旋レースで
佐藤琢磨15位、山本左近17位でダブル完走☆彡

SAとしては、本当に素晴らしい結果だね!
本当おめでとぉb(゜ー^〃)o

★F1日本グランプリ決勝結果★
1位 フェルナンド・アロンソ(ルノー)
2位 フェリペ・マッサ(フェラーリ)
3位 ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)
4位 ジェンソン・バトン(Honda Racing F1)
5位 キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)
6位 ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
7位 ラルフ・シューマッハ(トヨタ)
8位 ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)

* 23:57 * comments(2) * trackbacks(0) *
F1中国グランプリ★ミハエル91勝目♪
F1第16戦中国GPは、
ミハエルシューマッハが今期7勝目♪

ドライバーズポイントもアロンソと並んで118点!!
勝利数で1つ上回ってトップに立ちましたb(゜ー^〃)o




昨日の予選でもルノーは絶好調で、フロントロー独占!
ウエットコンディションで
ブリヂストン勢にはかなり厳しい感じだったのに

3列目6番グリットスタートから、どんどん順位を上げて
トップでチェッカーフラッグ♪

さすが王者の意地でよく追い上げて逆転したよ〜。
上海では過去2回ともノーポイントと相性悪かったけど

中国GP初優勝おめでとぉ〜♪

それにしてもフラビオ・ブリアトーレの「八百長発言」といい
アロンソの「ミハエルは史上最悪のスポーツマン」
     「ジダンのほうがよほどまし」

ルノーは何言ってんの??

確かにイタリアGPでの
決勝グリッド降格が、納得いかないのは判るし

過去のチームオーダー等も含めて
色々とミハエルにとって、賛否両論あるのも判ってる。

ただそう言うアロンソ自身が、まず清いドライバーなのかと?
昨日のもチームオーダー気味だったよね?

自分が勝った時は、全てが清廉潔白の実力で
ミハエルが勝った時は、全て薄汚い八百長とでも?


それに何と言おうが、ミハエルがF1史上において

偉大なドライバーである事は揺るがない!

勝負なんだから優位に立つ事も、劣勢に立たされる事もあるけど
劣勢になった途端、グダグダ言うのはみっともない程この上ないよ!

まぁ、八百長発言について
フラビオ・ブリアトーレも、FIAに対して謝罪したみたいだし

ミハエルも若い時には、同じようにヒルを批判したりしてたから
アロンソも、若気の至りなのかも知れないケドさ。

しかし佐藤琢磨はせっかく14位フィニッシュだったのに
レギュレーション違反でリザルトはく奪なんて・・・。

トヨタもSAも、次戦の日本GPはいい所見せて欲しいなぁ

特に来年からは富士になっちゃうから
鈴鹿でのレースは、今年を最後にしばらく見納めっぽいしね。

鈴鹿はミハエルも15戦6勝、ポールポジション8回と相性イイし
最終戦ブラジルGP含めてあと2戦!!

8度目のチャンピオンの座を手にして
王者として引退してホシイよっ


それにしてもキミはまたトラブルでリタイアかいっ!
相変わらず不運とゆうか、ついてないねぇ〜((((×_×)ノ

来季はフェラーリで、その不運を払拭できるといいんだけど・・・

★F1中国グランプリ決勝結果★
1位 ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)
2位 フェルナンド・アロンソ(ルノー)
3位 ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)
4位 ジェンソン・バトン(Honda)
5位 ペドロ・デ・ラ・ロサ(マクラーレン・メルセデス)
6位 ルーベンス・バリチェロ(Honda)
7位 ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)
8位 マーク・ウェーバー(ウィリアムズ・コスワース)

* 23:59 * comments(3) * trackbacks(0) *
F1ヨーロッパGP★ミハエル連勝♪

前回の★サンマリノGP★に続き
今回のヨーッロパGPも

ミハエル勝利!!
★〜ヨーロッパラウンド2連勝〜★


しかも母国グランプリのドイツ・ニュルブルクリンク!

12万人もの地元ファンがつめかけたらしいけど……
フェラーリ1色の真っ赤に染まった中での快勝だもん♪


ミハエルも嬉しかっただろうなぁ〜
とにかくもぉぉ〜この笑顔最高!!!

今回もアロンソとの激しいバトルで
なかなか抜けない展開が続いてたけど・・・

最後のピットストップで、見事逆転してそのままチェッカーフラッグ♪

しかもマッサも3位初表彰台で
フェラーリとしても久々のダブル表彰台★

今回のヨーロッパGPは、9台もリタイヤする波乱の展開の中
ジャックがポイント獲得したのは嬉しいぉ♪

良い時を知ってるだけに
ジャックにも栄光を取り戻して欲しいと思うけど
やっぱなかなか難しいね〜。

来季の契約更新も危ぶまれてるみたいだし…
でも予選で揉めたフィジコと共に、2人ともポイント取れて良かった!

琢磨もバトンもクルサードもモントーヤもウェバーもリタイヤ。

でも特にラルフは
地元レースだっただけに完走させてやりたかったなぁ…

それにしてもミハエル連勝で
やっと強いフェラーリが戻って来たぁ〜??

でもウイング問題とかが心配だなぁぁぁ…

★F1ヨーロッパGP決勝結果★
1位ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)
2位フェルナンド・アロンソ(ルノー)
3位フェリペ・マッサ(フェラーリ)
4位キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)
5位ルーベンス・バリチェロ(Honda Racing F1)
6位ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)
7位ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ・コスワース)
8位ジャック・ビルヌーブ(BMWザウバー)

* 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) *
F1サンマリノGP★ミハエル初勝利♪
ミハエル・シューマッハが
ポールtoウィンで今季初勝利〜♪

やったぁ〜○(*⌒▽^)oミハエルおめでとう!!
フェラーリのマシンも、久しぶりに強さを感じたよ。

レース中盤からのアロンソとのバトルは、最後までドキドキしたけど…
しびれを切らしたのか、残り4周でアロンソの方がミス!

ミハエルはさすがと言うか・・・
あれだけずっとピタっと真後ろに付けられてても

焦ってミスすることもなく
最後まで冷静な走りで無事チェッカーフラッグ♪


今回のサンマリノGPは
ミハエルが66回目のポールポジションを獲得☆彡

偉大なる故アイルトン・セナの65回を超えて
新記録を樹立しました♪

フェラーリの母国イタリア、そしてセナの眠るイモラでの記録樹立・・

これはミハエルにとって複雑でもあり感慨深いだろうなぁ〜。

そういえば開幕戦バーレーンGPのポールポジション獲得で
憧れのセナに並んだ時のインタビュー
感動して涙してるミハエルの姿を見てもらい泣きしたもん。

これで通算85勝目とはいえ
昨年のアメリカGP以来の、ホント久しぶりの勝利なんだよね。

でも改めてやっぱり
ミハエルには表彰台の真ん中がよく似合うと思う!!

昨年からず〜っと
世代交代とか引退の声ばかり聞こえてきて悔しかったけど
まだまだミハエルには、王者の強さと貫禄を見せ付けて欲しい!!

そしてフェラーリとしてもーー
今回はマッサも4位入賞でまだまだこれからだもんね♪

そういえばっ!昨年のサンマリノも結果は逆だったけど
同じようにラスト10周この2人の熱いバトルだったなぁ〜。

今回も新旧王者対決とか言われてたけど
改めてアロンソの強さと、ルノーのマシンの凄さを感じたよ・・・

スーパーアグリは2台ともリタイヤで
佐藤琢磨の完走記録が途絶えちゃって残念だね!

それにしてもホンダのピットは何やってんの??
アレはもったいない・・・

★サンマリノGP決勝結果★
1位ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)
2位フェルナンド・アロンソ(ルノー)
3位ファン・パブロ・モントーヤ(マクラーレン・メルセデス)
4位フェリペ・マッサ(フェラーリ)
5位キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)
6位マーク・ウェバー(ウィリアムズ・コスワース)
7位ジェンソン・バトン(Honda)
8位ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)
* 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) *
★前のページへ★ | 1/1PAGES | ★次のページへ★

このページのTOPへ