らむねぇ★気まぐれStyle

きままに〜take it easy〜♪

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
みどりのマキバオー★その3♪
みどりのマキバオーのまとめとして

〜カスケードやワクチンはじめ〜
たれ蔵(マキバオー)のライバル達の戦績や
データ&ニックネーム集などを♪

★ミドリマキバオーの戦績一覧はこちら★


【カスケード全成績9戦7勝】
「黒い殺し屋」「黒い稲妻」「漆黒の帝王」
父サンデーサイデンス・母ヒロポン・母父ダンキチ
=3歳新馬戦=       =3歳500万下=
1着 (2着タマプラン)     1着 (2着デイブレイク)
=第47回朝日杯3歳ステークス(G1)=
1着 (2着アマゴワクチン 3着ミドリマキバオー)
=第56回皐月賞(G1)=
1着 (2着ミドリマキバオー 3着サトミアマゾン)
=第1回NHKマイルカップ(G1)=
1着 (2着ニトロニクス)
=第63回日本ダービー東京優駿(G1)=
1着 (1着同着ミドリマキバオー 3着ベアナックル 4着サトミアマゾン)
=フランス・ニエル賞(G2)=
1着 (2着カントナ)
=フランス・凱旋門賞(G1)=
6着 (1着エルサレム 2着カントナ 3着ギグス)
=第41回グランプリ有馬記念(G1)=
6着 (1着ミドリマキバオー 2着アマゴワクチン 3着トゥーカッター)
★1995最優秀3歳牡馬★1996最優秀3歳牡馬★1996年度代表馬

【アマゴワクチン全成績】
「三冠相続人」「不屈の闘将」
父ホラフキー・母メリークリスマス・母父カツラダヨー
=3歳新馬戦=        =3歳未勝利戦・阪神=
4着 (1着オオウチガリー)   5着 (1着グランドソゴウ)
=3歳未勝利戦・京都=     =京都3歳ステークス=
1着 (2着ユウターン)     1着 (2着クッキーモンスター)
=第47回朝日杯3歳ステークス(G1)=
2着 (1着カスケード 3着ミドリマキバオー)
=共同通信杯4歳ステークス(G3)=
-着 (1着モーリアロー) レース中骨折
=第56回皐月賞(G1)=
12着 (1着カスケード 2着ミドリマキバオー 3着サトミアマゾン)
=函館記念(G3)=      =神戸新聞杯(G2)=
1着 (2着アボーション)     1着 (2着ダイインフロント)
=第57回菊花賞(G1)=
1着 (2着サトミアマゾン 3着プレミア 4着ミドリマキバオー)
=第41回グランプリ有馬記念(G1)=
2着 (1着ミドリマキバオー 3着トゥーカッター 4着ニトロニクス)
=第42回グランプリ有馬記念(G1)==第114回天皇賞春(G1)=
3着 (1着ブリッツ)         1着 (2着プレミア)
=第115回天皇賞秋(G1)= =第43回グランプリ有馬記念(G1)=
2着 (1着ブリッツ)        5着 (1着ブリッツ)
=第40回宝塚記念(G1)=
6着 (1着ブリッツ)
★1996最優秀父内国産★

【ニトロニクス全成績】「爆弾小僧」
父プレゼントクレヨー・母グリセリン・母父ジュンチャンデリーチ
=3歳新馬戦=        =札幌3歳ステークス(G3)=
1着 (2着ランドスピーダー)     1着 (2着プロポーション)
=函館3歳ステークス(G3)=
2着 (1着ミドリマキバオー)
=京成杯3歳ステークス(G2)=
2着 (1着ミドリマキバオー 3着アンカルジア)
=ラジオたんぱ杯3歳ステークス(G3)==きさらぎ賞(G3)=
1着 (2着レザーフェイス)      1着 (2着ブギーマン)
=アーリントンカップ(G3)=   =NZT4歳ステークス(G2)=
1着 (2着スピードウインド)     1着 (2着ロイヤルリンカーン)
=第1回NHKマイルカップ(G1)=
2着 (1着カスケード)
=第37回宝塚記念(G1)=     =毎日王冠(G2)=
2着 (1着トゥーカッター)       2着 (1着ドラゴ)
=第16回ジャパンカップ(G1)=
1着 (2着カントナ)
=第41回グランプリ有馬記念(G1)=
4着 (1着ミドリマキバオー 2着アマゴワクチン 3着トゥーカッター)

【サトミアマゾン全成績】
「南船橋の奇跡」「ヒットマン」

〜地方(船橋)で10戦10勝〜
=弥生賞(G2)=
2着 (1着モーリアロー)
=第56回皐月賞(G1)=
3着 (1着カスケード 2着ミドリマキバオー)
=第63回日本ダービー東京優駿(G1)=
4着 (1着同着カスケード&ミドリマキバオー 3着ベアナックル)
=セントライト記念(G2)=
1着 (2着ゴロゴロマキマキ)
=第57回菊花賞(G1)=
2着 (1着アマゴワクチン 3着プレミア 4着ミドリマキバオー)

【ブリッツ全成績13戦13勝?】「電撃」
父サンデーサイデンス・母ミドリコ・母父マルゼニスキー

=3歳新馬戦==朝日杯3歳S==皐月賞==日本ダービー=
=第58回菊花賞==第42回有馬記念==第40回宝塚記念=
=天皇賞秋==ジャパンカップ==第43回有馬記念=
=第114回天皇賞春==天皇賞秋==ジャパンCS=

    〜全て1着〜

【エルサレム主な成績】
「世界を震撼させる馬(ブラックフライデー)」「聖馬」

凱旋門賞3連覇 欧州3冠達成
イギリスダービー1着 愛ダービー1着 キングジョージ1着


【その他の馬のニックネームなど】
ベアナックル「肥前の熊」「史上最強の駄馬」
トゥーカッター「将軍」
ツァビデル「天馬」
モーリアロー「難波の超特急」
スターツーリスト「星の案内人」
ミヨシタイガー「気まぐれタイガー」
スレイトボウ「きかんぼう」
アルフレード「あばれいっちゃく」
1巻から一気に読みたい人はまんが全巻.COM


* 23:59 * comments(3) * trackbacks(0) *
みどりのマキバオー★その2♪

私の大好きな漫画みどりのマキバオー♪
その1は途中で話が反れちゃったから続きです

〜詳しくはこちら〜
みどりのマキバオー★その1♪

悲劇の日本ダービーから立ち直った、うんこたれ蔵と騎手の管助くん!
菊花賞こそ4着と惨敗したけど


最後の有馬記念でやっと

カスケードに悲願の初勝利☆彡

あいつ、あの黒い馬すごく速かったのよね
走っても走っても追いつけない・・・
完全に負けたのね、なんか・・・くやしかったのよね・・・
もう・・・あんなくやしい思いはしたくないのよ
だから走るのよね〜抜かれるとくやしいけど抜くのはうれしい
だから、頑張って世界一いい思いをするのね


2歳の時に初めて対戦して、心房細動を起こしてから
何度も対戦して負け続けて

有馬で最初で最後だけど、やっとカスケードに勝てたのね〜

まぁ・・・病気だったんだけどさ・・・(;・∀・)
それでもめちゃんこ感動したんだよぉぉぉー!!
最後の直線バトルとかね・・・

それにしてもカスケードはカッコイイ!
ほんと、最後まであんたはカッコイイよ!!

カッコイイといえばツァビデルもそうだけど
(ずっと間違えて、デビルだと思ってたのね〜)

ヤツは馬の分際で大酒飲みとか・・・
ありえないっ!!

格好イイとは程遠いけど
お笑い担当のベアナックルには、いっぱい笑わせてもらいました♪

世界野生動物協会名誉会長ってなんじゃそりゃー!!

しかも野性的すぎて、最後はライオンみたいになってるし(笑)

でもクセのある馬は、みんな関西弁なんだよねー
ベアナックルはじめ、モーリアローもだけど

ワールドカップ編で出てきた
フランス代表の、ポニーみたいなちっさい馬コメート!!

おふらんすの馬のくせに、なんで関西弁やねんな〜!!

そうそう
フランスといえば、ディープインパクト!!

とうとう明日10月1日に
フランスで第85回、凱旋門賞が開催されますね〜♪

日本の馬として、初の凱旋門賞制覇を果たして
世界中に日本馬の強さを見せ付けて欲しいよ〜☆彡


カスケードやマキバオーのためにもね・・・
凱旋門賞は、1着エルサレムでカスケード6着だったもんね
カスケードだって、マリー病さえなければあるいは!

んあーでもエルサレムは恐ろしく強すぎるのね〜
そのせいでマキバオーも・・・(;>_<;)

でもブリッツなら、ブリッツなら何とかしてくれるハズ!!

何てったって
カスケードとマキバオーの弟なんだもん♪

弱いハズがないよ〜国内敵無しの八冠馬〜
最後の章でマキバオーが3年振りに中央復帰して
ブリッツとエルサレムと対決してたなぁ

その1♪で、テイエムオペラオーとメイショウドトウの子供が
将来ライバルになったら見てみたいって書いたけど

これはカスケードの子供と、マキバオーの子供もね♪

でもマキバオーは、7歳でもまだ現役を続けてたから
最悪マキバコの子供とでもいいから見たいのねん。
(見た目もおバカな所も、マキバオーそっくりだったし)

たれ蔵のぶんまで、ミドリコにた〜っぷり甘えて
わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい!!

それにしても最初はね
なんだこの汚いオヤジばかりの漫画って思ってたのに

マキバオーという漫画の魅力にハマってしまうと何故か
飯富ブラザースまで、カッコ良く思えてしまうから不思議!

特に調教師の昌虎のおっちゃんね!
めちゃくちゃだけどカッコイイ☆彡(顔じゃないよー)

みどり牧場は、粒揃いの不細工集団だけど

「全くよう〜カッコ悪すぎて、カッコいいぜっ!」

のわ〜〜〜〜〜〜!!!
チュウ兵衛おやぶ〜〜ん〜〜っo(><;)o


youtubeで見つけたアニメ、マキバオーのオープニング♪
★みどりのマキバオーOP〜走れマキバオー★


1巻から一気に読みたい人はまんが全巻.COMとかいいかも

【ミドリマキバオー全成績18戦7勝】「白い珍獣」「白い奇跡」
父タマーキン・母ミドリコ・母父マルゼニスキー

★カスケードやアマゴワクチンなどの全成績はこちら★

=札幌新馬戦=       =函館3歳ステークス(G)=  
1着ミドリマキバオー       1着ミドリマキバオー
2着ヒゲサンダー(進路妨害失格)  2着ニトロニクス
=京成杯3歳S(G)=    =朝日杯3歳S(G)=
1着ミドリマキバオー      1着カスケード
2着ニトロニクス         2着アマゴワクチン
3着アンカルジア         3着ミドリマキバオー
=スプリングステークス=  =第56回皐月賞(G)=
1着ミドリマキバオー      1着カスケード
2着ダイインフロント       2着ミドリマキバオー
3着スレイトボウ         3着サトミアマゾン
=青葉賞(G)=    =第63回日本ダービー(G)=
1着ベアナックル        1着カスケード
2着ミドリマキバオー      1着ミドリマキバオー(同着)
                   3着ベアナックル
=障害未勝利戦=       4着サトミアマゾン
1着ミドリマキバオー      5着クッキーモンスター
=第57回菊花賞(G)= =第41回グランプリ有馬記念(G)=
1着アマゴワクチン       1着ミドリマキバオー
2着サトミアマゾン       2着アマゴワクチン
3着プレミア           3着トゥーカッター
4着ミドリマキバオー      4着ニトロニクス
                   5着パラサイト
                   6着カスケード
=第1回ジャパンチャンピオンシップ(G1)=
1着ブリッツ 2着エルサレム 3着ミドリマキバオー

* 23:58 * comments(2) * trackbacks(0) *
みどりのマキバオー★その1♪

とりあえずまず1曲♪
【とってもウマナミ♪】(歌:MEN'S 5)

ウマナミなのねぇ〜 あなたとっても〜
ウマナミなのねぇ〜 わたしは虜
太い太いというのなら 見せてやろうか胆っ玉
固い固いと云われてる 親父ゆずりの石頭
汗れちまった地球の上で 地位も名誉もないけれど
上べだらけの世の中だから ほんとのオレを見せてやる
きっとお前はこういうだろう(ウーマ♪)
ウマナミなのねぇ〜 あなたとっても〜
ウマナミなのねぇ〜 わたしは虜
ウマが合うから いつも一緒 ニ人ずっと離れられない
あなたとってもーウマナミなのねぇ〜♪

いきなりエンディングテーマかよっ!(だって好きなのね〜♪)
「走れマキバオー&とってもウマナミ」のCD買っちゃったよ♪


みどりのマキバオーは大好きな漫画のひとつ♪

最初は、きったないオヤジばっかの漫画だなぁ〜
しかも「うんこたれ蔵」ってオイ!オイ!て思ったけど

読んでいくウチに段々ハマっていって・・・
かなり泣かされたし、笑わされた漫画。
まず最初のたれ蔵とミドリコとの別れ〜再開で、もう号泣(ρ_;)

そして何と言ってもチュウ兵衛親分!!

「ぞうきん」にも感動して泣いたけど・・・
皐月賞の後からは、親分見るたびに泣いてたカモ。

その後の同着とはいえ
命を懸けた日本ダービー制覇はもうね・・・(┰Д┰)

んあーーーおやぶーーーーーーーん!!

んああ・・・なんで・・・なんでなのね〜っ!
そりゃあカスケードに勝てなかったけど、初めて負けなかったのよ!!
一言くらい、ホメてくれたっていいでしょ・・・・
厳しすぎるのよね・・おやぶんは・・・ねぇ・・・何か言って・・・・


たれ蔵のこの言葉が凄く印象に残ってる
でも書いてるウチに、また泣けてきたぉ・・・

さすがにたれ蔵&管助くん達も
コレを乗り越えるのには時間がかかったけど
まだ終わりじゃないって、もう一度立ち直るのね〜!

そう!ただ1つカスケードに勝つために!!

私の大好きだったメイショウドトウ
テイエムオペラオーにずっと勝てなくて、いつも2着ばかり。

でも2001年の宝塚記念で、初めてテイエムオペラオーに勝って
ドトウ悲願のG欺蘋覇!!(もちろん単賞(σ・∀・)σゲッツ!!)

2000年の宝塚記念から始まって1年
ドトウの前にはたえずオペラオーがいた。

何度も、何度も跳ね返されながらやっと・・・
6度目の挑戦で、初めてオペラオーに勝てたんだよね!!

カスケードにずっと勝てなかった、マキバオーのように
同じ年に最大のライバルで、最強の馬がいたこと
これは不運なのか、幸運なのか判らない。

カスケードがいたからこそ、ミドリマキバオーが頑張ったように
ドトウもオペラオーがいたからこそ・・・

そしてドトウもずっと、オペラオーの背中を追って
コイツをいつかは越えてやるっ!て努力してたのカモ。

そしてそれだけに執念を燃やして、力を使い果たした感じ。


翌年の2002年1月13日に行われた
〜テイエムオペラオー&メイショウドトウ合同引退式〜

テイエムオペラオーは、天皇賞・春のゼッケン「1」をつけて
メイショウドトウは、宝塚記念のゼッケン「3」をつけて

2頭共に引退後は
同じ北海道のイーストスタッドで種牡馬になったらしいけど

凄いよ、ずっとライバルで引退も一緒!!
そして種牡馬としても、またオペラオーとライバルなんて・・・

私はこれ以来、競馬もやってないから判らないけど
2頭の子供同士が、またライバルになったら面白いなぁ〜♪

是非見てみたい!!
っと!!話が反れてしまったので

このあとのマキバオーの話や、戦歴一覧などは
 みどりのマキバオー★その2♪へとつづく・・・
1巻から一気に読みたい人はまんが全巻.COM


* 23:59 * comments(4) * trackbacks(0) *
★前のページへ★ | 1/1PAGES | ★次のページへ★

このページのTOPへ